おまもりだんご。

先日実家のとうちゃんから、電話がありました。
『涅槃団子、取りにこいや~。』

きれいな色のおだんごを“涅槃団子”と呼ぶことは、随分大人になって知ったのですが、
昔は、ばあちゃんや、近所のおばちゃんが、
「かばんにつけとかれや。」
と言って、毛糸であんだ袋にお団子を入れてもたせてくれました。
ランドセルに付けたり、自動車にも付けてたなあ・・・。


・・・涅槃団子・・・
お釈迦様が入滅(お亡くなりになること)された2月15日にお寺で法要がありその時にお釈迦様の遺骨を模した団子が撒かれるのです
そのお団子を持つと魔よけになるとか、災いを除けるといわれお守りのひとつとして身につける習わしがあります
かわいらしいあか、きいろ、みどり、しろと4色のお団子です

調べてみたところ、このようないわれがあるそうです。
どうも北陸地方に限っての風習のようです。

で、
父ちゃんから、ビニール袋に入った白・黄・ピンク・みどりのお団子をもらってきたのですが、
「お前、袋作ってくれや。」
と依頼が。。。

受け取ったお団子は12個。しかもなんだかでかい!

確か、その年のラッキーカラーなるものがあって、その色で袋を編んだらいいとも聞いたことあるなあ。
けど、誰が知ってるんだろ??

としばらく悩んだのですが、お守りだし、色にこだわるのはやめようと、
適当に(お釈迦様、ごめんなさい)作ってみることにしました。

くるくる編んでると、夢中になって、
ちょっと、アレンジしちゃおっかなーー。かわいいのがいいしなあーー。
みたいな気持ちになり、
こんなのが出来たのであります。

じゃんっ!
画像


ちょっと、やりすぎちゃったかしら・・・?

かわいいから、許してもらおうっと。


かわいいおまもりを夢中で作るうち、
これは、姪っ子と甥っ子に。
これは、父ちゃん用と。
あの人にも、この人にもあげたいなぁって思ったら。
12個のお団子、足りないや。

小さな小さなお団子が、病気や怪我、そして災難から守ってくださいますように。

自分で作るうち、ばあちゃんや、おばちゃんのココロに近づいたような気持ちになって、
嬉しかったなぁ。

そして、
お団子に守ってもらいたい、大切な人たちが、私にはたくさんいてくださることが、
なにより、

とてもうれしいことでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

yurika
2009年03月05日 08:46
涅槃団子を中に入れた!動物顔の編みぐるみの根付とは考えましたね
うまいアイデアでお釈迦様も笑っておいでになりますよ(^^)v
ちょろえ♪
2009年03月05日 13:11
yurikaさん、ありがとうございます。
私的に“カッパ”が傑作でした。(画像左)
妖怪じゃ、なんだかなーー? でしょうか???
昨夜、父に持っていきました。久しぶりに褒めてもらえたかも。。へへへ。
れとろまま
2009年03月14日 09:50
可愛い
こんな風に動物さんになってたら、バックに下げても可愛いよね!
お釈迦様も、喜んでくれてるよ

うちにもお涅槃団子が義母から届いたよ!
それぞれ違う色の毛糸であまれてて、あったかい気持ちが伝わってきます
ちょろえ♪
2009年03月18日 14:59
れとろままさん、ありがとうございます。
手渡したみんな、それぞれ笑顔で「ありがとう!!」
と言ってくれましたよ。最高の笑顔でお返しをもらいました。
もう、来年のアイデアもあるのです。うふふ。

この記事へのトラックバック