くろちゃんのその後・・・。

昨日、お義母さんがうれしい町内ニュースを聞かせてくれた。
休日に町内の婦人会の集まりがあって、そこでの話・・・。

私があんまり、くろちゃんのことを気にするので、
お義母さんもここで○さんちの奥さんに直撃インタビューしてみようと思っていたところ、
「あれ、そういえば、さいきんワンコの声聞こえんねー。」
と近所のおばさんが尋ねてくれたそうだ。

「そうそう、聞いて、ロッキー(これが本名)はね・・・」


○さんの話はこうだ。

ロッキーは、9匹兄弟の長男として、おとなりの県に誕生し、
生まれてすぐ、○さん宅のワンコとなった。
しばらくして、9匹すべて、里親さんが決まった。



そして5年が経ち・・・・

くろちゃんおっと間違い、ロッキーの親犬が亡くなってしまった。
それが去年の年末。

親犬の飼い主さんは、それはそれは悲しくて、なんだか抜け殻のようになってしまったそうだ。

新しいワンコを・・・とも考えたそうなのであるが、
どうしても、どうしても親犬のことを忘れることができなくて・・・

そして、ある日ロッキーの元へ。

もし、よかったら、跡取りとして、戻ってきてはくれないかと。


○さん宅の家族は、
「どうぞ、どうぞ、今すぐにでも連れていって~」

と、即決だったそうだ。

「ロッキーは長男だったし、やっぱりあの家の跡を継ぐのが良かったのよー。」

と以上がくろちゃんのその後。





あっさり、○さんの家から、半ば捨てられるようでもあり、
ちょっと複雑だけど。


私が想像していた、最悪のことだけは免れたようだ。




良かった。

くろちゃんは、

生きている・・・・。






第二の犬生、今度は愛されるんだよ。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みーみ
2010年03月16日 16:05
本当に複雑ですね。。。
私がスクービーを始め沢山の保護犬たちに感じる気持ちに似ています。
辛い事や悲しい事、そんな気持ちで心をいっぱいにしそうになってしまいそうになるけど、
やっぱり私も幸せを願って、保護された子達が愛される事を願ってあげたいです。
ちょろえ♪さん、大丈夫ですか?
きっとクロちゃんの新しい飼い主さんは、ちょろえ♪さんみたいな優しい方だと思いますよ。
スクービーの第二の犬生のように!
ちょろえ♪
2010年03月16日 19:54
みーみちゃん、どうもありがとう。
ブログの記事にしようかどうか、すこし考えたんです。けど先日の新聞のコラムを読んで、ハチとくろちゃんの違いって何だろう・・とか思ってしまって。
 色々と考えてしまうのも保護犬スクービーと暮らしていることや、レスキューのスタッフの皆さんのこと、少しながら知っているからなのかもしれません。
 ドッグランとかで、幸せなワンコ達の笑顔を知ってしまったから、余計にこんなことを考えてしまうのかな?
 くろちゃんにはもう会えないけど、生きていてくれて、本当に良かったと思います。
 みーみちゃんは命にとても近い場所にいるから、辛いこともあるでしょうね。ずっと応援しています!

 私は大丈夫!やさしいみーみちゃんのココロに、また触れることができたから♪
枇杷まま
2010年03月17日 12:16
くろちゃん、ほんとよかったですね!
お里の方、可愛がられてなかったくろちゃんみてきっと心痛んだことでしょうね…
今はお里で幸せに暮らしていることでしょう。
すさんじゃってた心も(と思う…)今は愛されていやされ幸せわんこになってると思います。
でも家族として迎えるってことをちゃんと考えてわんこを飼ってほしいですね…
わたしたちも枇杷がいなかったらTVでたまにでるかわいそうなわんこの現実にこんなに胸が痛むことはなかったのかもしれません。枇杷と対比しちゃって本当にかわいそうに感じてしまうのでしょうね。同じわんこなのに愛され幸せに暮らしてる子がいるのにかわいいそうな子もいる。わたしは何もしてあげられないけど新しいやさしい家族ができるといいね。と願うだけです。
くろちゃんは本当によかった。ちょろえさんのブログをよんでるたくさんのくろちゃんのこと全く知らない人が本当に喜んでると思います。
やんこ
2010年03月17日 12:23
くろちゃんのこと、ほっとしました。
くろちゃんっていうくらいだから。。。きっとうちのりくに似ているんだろうな~って思いながら悲しんでいましたが、第2の犬生を新しいお家で穏やかに過ごして欲しいです。
生きる喜びをきっと掴んだことでしょうね。
ちょろえさん♪の優しいブログに癒されました。
花雪の母
2010年03月17日 18:35
くろちゃんよかった!よかったですねー♪
先日のブログ、気になってはいたものの何とコメントしていいかわからず、何だかもやもやしていました。
もし私が近所に住んでいたとしても答えを聞くのが怖くて何も聞けなかったでしょう。直撃インタビューしようとしたお義母さまや近所のおばさまの勇気に感謝ですね。そしていい結果だったことにも感謝です。
くろちゃんはこれからゆっくり時間をかけてとっても幸せな愛されわんこになっていくんじゃないかなぁ。
本当によかったです~ぅ。(*^。^*)
ちょろえ♪
2010年03月17日 20:10
枇杷ママ、どうもありがとう。
私も同感です。ワンコと暮らしていなかったら、こんなに気持ちにもならなかったな。
 ワンコは本当に色んなことを私達に教えてくれますね。何も語ることはできないのに。
 でも、枇杷ママ、パパのように優しい飼い主さん達からも、多くを学ばせてもらっています。やさしいコメントを本当にありがとう♪
ちょろえ♪
2010年03月17日 20:20
やんこさん、ありがとうございます。
レスキューのスタッフさんは、もっともっと切ない気持ちや、やるせない気持ちになる事、たくさんあるかもしれないですね。みなさんのなさっていることは、決して誰もができることではないと思うのです。
 くろちゃんはそう、体が黒い色だったから、勝手にそう呼んでいたのですが、確か大型のMIXで、全身巻き毛だったのですよ。クルックルの巻き毛、お手入れしたら、ものすごく魅力的なイケメンだったと思われます。お散歩、上手にできてるかな?とか、今日はそんな事を考えてしまいました。
 私はみなさんの優しいコメントにウルルン です!
 
ちょろえ♪
2010年03月17日 20:27
花ちゃん、雪ちゃんママ、ありがとうございます。
そーなんです、突然重ーい記事になってしまって、少し反省しています。みなさんに心配してもらい、優しいコメントをもらい、とても感謝しています。
 最悪な事…を想像していたので、聞いたときはとても嬉しかったのです。さっそく報告させてもらいました。これからは幸せで別犬になったくろちゃんを想像できますね♪
 ~みんな、おなじ
  生きているから。
  ひとりにひとつずつ、大切ないのち~
昨日から、この唄が頭の中でぐるぐるしております。

この記事へのトラックバック