縫うって、それでかいっ!!!!

さて、病院に着いた我等。

受付のお姉さんに症状を説明したところ、

「外科の外来は午前しかしていないんです・・・でも、何とかしてみます。」

と、手術を控えた先生に無理やり診ていただくことになりました。

その前に看護士さんに、どーした、こーした、そして、こうなっちゃった。

と説明いたしました。




「○○さーん」
診察室に呼ばれるちょろえ。(ちょっとドキドキ)

先生:「犬が突進してきたと。」

ちょろえ:「はい。」

先生:「では診てみましょう。
    うーん、上のほうは切れてないみたいだけど・・・
    縫ったほうがいいね。」

ちょろえ:「はあ・・・」(やっぱりか・・・)どよーん。

先生:「でも、縫うのもなあ・・・・」

ちょろえ:(ええ、絆創膏でなんとかしてくださいな、先生!)

先生:「縫うとなると、麻酔の注射とあわせて3回くらい痛いしな。
    どうです、ホッチキス、あるでしょ?あれなら1回だけ痛いんだけど・・・」






ちょろえ:(ホッチキスう????あんなんで、刺すんか!!!)



     「でも3回痛いのはイヤです。1回のでガマンします」



先生:「じゃ、そうしましょう♪」


まず、傷口を水で洗い流し、消毒。
これが、めちゃめちゃしみました!


先生:「じゃ、ちょっとチクッとしますから。」




チックン  




先生:「終わりましたよ。今日は濡らさないでね。明日からはシャンプーしてもいいですよ」

そのあと、看護士さんに絆創膏を貼ってもらい、化膿止めの薬を2日分もらってきました。



でーーーん
画像



ホッチキスの針を抜くのは、一週間後。


傷口は、ぎゅっと触ると少し痛いくらいです。
ご心配いただき、ありがとうございます。

これから、2匹の爆走中には、すこーし離れたところから、監察することにいたします。
(実は今日も危なかったんだよね。へへへ。)
              

"縫うって、それでかいっ!!!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント