ミステリーツアー(?)、中編。

旅の続き・・・。(長文注意!!)

(このままでは、いつまでたっても帰ってこられません・・・)

大内宿は、ついで感覚で立ち寄ったものの、
茅葺屋根の建物や、そこだけタイムスリップしたかのような
不思議な感じがとても居心地よいところで、

高台から、見下ろしたり、
登るのも、降りるのも、おっそろしい階段に、〝ぎょえ~〟となったり、

なんだかんだと一時間くらい滞在しておりました。


車に戻ったのが7時ごろだったので、
ワンコはここで夕食です。
普通はドッグフードだけなのですが、せっかくの旅行なので、美味しそうなレトルトもプラスです。

そして、
次に私たちが行きたかったのは、
何といっても

温泉

この日は気温がぐんぐん上がって、25℃くらいになりましたし、
レジーナの森、ドッグランまで頑張って坂道を歩いたし、
大内宿の階段をみて冷や汗もかいたことですし。

とにかく
温泉に入りたかった!のです。

旅の準備にあたり、『東北 立ち寄り&日帰り温泉 こだわりガイド 』の本を購入してありました。

どれどれ・・・

どこにしようかなー。

どの温泉もすごく魅力的なのですが、日帰りの場合には意外と早い時間に締め切られるようで・・・。

あっ!ここならば。
と選んだのは、ラピスパ裏磐梯。
午後9時までOKです!

車載案内装置(カーナビ)に、電話番号を入力して。。。
『目的地までのルートを案内します♪』
と いつものナビ子さんの声。

到着時間は、ぎりぎりの8時30分!
急げや急げ。でありました。

こんなとき、カーナビって本当にありがたいものです。

温泉♪、温泉♪と、気分もワクワクしてきます・・・。


ナビ子さんのおっしゃるとおり、進め~!進め~!

ん?あれっ?
ナビ子さん、喜多方から、案内してくれるらしいぞ。

喜多方・・・
ここにも道の駅あったよね・・・
そして この道の駅って、温泉もあったよね・・・

そして!
とりあえず、道の駅も登録してみると・・・
到着時間、10分、早いじゃーーーん。

迷うことなく、道の駅、【喜多の郷】に目的地を変更です!



そして。無事8時20分頃に到着。

なんじゃ、この車の多さは!!!!でした。

後から知ることになりましたが、こちらの道の駅はキャンパーさんお勧め№1とのこと。

とりあえず、やっとこさ見つけた、場所に車を停めることができました。


荷物をまとめ、いざ温泉へ!
玄関は靴がいっぱいーーー!

なんだか、嫌ーな予感。

受付のおねえさんに、
『午後9時までには、閉めますので。』
って、あと30分も無いし(泣

脱衣場へ入るも、ロッカーなど空いているわけもなく、
脱衣カゴに荷物を放り込んで・・・

さ、お風呂・・・・
ヒトでイッパイ・・
洗い場、行列・・・(泣

もちろん、丸裸で並びましたとも。
お風呂場とはいえ、なんだか寒くなってきた・・と感じてきたころ、
やっとこさ、順番が回ってきました。9時まで、あと20分です・・・(泣

やっとだーーと思っているところで、前に使っていらした方のとどめの一言。

『ここ、シャワー壊れてますけど。。。』

だ、だから、ここは並んでるヒトが少なかったのね。
けど、もう別のところに並ぶのは、どうかと。

もう、キモチはふっきれました。
ここで、洗ってやるーーー!

無事、汗を流すことができました。
そして、後ろのヒトに、
『ここ、シャワーが壊れております!』
の伝言も忘れませんでした。


汗も流したし、これでやっと温泉に浸かれる~!
露天風呂にも移動して、たっぷり時間がくるまで、温泉の効能を楽しむことができました。
露天風呂のお湯で洗髪する、おねえちゃんもいました!


脱衣場で着替えを済ませ、歯磨きに又並び・・・(涙
再び玄関に戻ったのは、9時に5分前~。
ギリギリセーフ。

あ、お風呂はとってもいいお湯でした♪


とここで、問題がもうひとつ。

当初の計画では、夕食はどこかのコンビ二で調達して・・・。
と考えていたのですが、やっとの思いで1つだけ空いていた駐車スペース。
移動したら、もう停めるところが無いかもしれない。

ということで。

この晩は、

夕飯、おあづけ~。(大ショック!


温泉のフロントで、『ああ、今日はもう寝るだけなのね。お腹すいてて寝れるかな。』
と、悲しいキモチになってるところに!

あそこに見えるのは!

お菓子コーナーを発見!!

なんと、パンもある!

所持金1,400円の許す限り、
パン2個とおせんべいと、かまぼことソーセージ、そして缶チューハイとビール。
今日の夕飯はこれ。(大泣


車に戻ると、一足お先にスクービー父は寝袋等をセッティング。

さあ、あとは寝るだけ。

確かここらあたりで10時過ぎていましたか。

携帯のラジオも持参しましたが、10分も聴かずにoff。

寝袋に入り、眠ろう、眠ろうとするも。。。

なんか、変!

お腹空いてて、眠れません!!と、ちょろえ、大暴れ。

ここで、ごそごそ起き出して、パンを1個づついただきました。
私はアルコールのチカラも借りたかったので、チューハイも。

寝袋に入り、再び睡眠を試みます。


2時間くらい経ったでしょうか。

さっき飲んだチューハイのせいで、トイレに行きたくなってしまいました(泣

どうしよう。

ここで、ガサガサしたら、またみんなを起こしてしまう。

何より、クツのありかが、わからない。。



こうなったら、ガマンするしかない!!!


少し眠ったのか、車の外が白みはじめました。


なんだか、やけくそ状態で、朝を迎えましたとさ。




ミステリーツアー、怒涛の宿泊の巻き (中編)はこれでおしまい。

くだらなーい、ながーい記事におつきあいいただき、ありがとうございました♪



次回はようやく最終回
「終わりよければ、すべてよし?」

を 事件が発生しなければ、お送りしたいと思っています。












"ミステリーツアー(?)、中編。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント